Exponential Growth

素人がデータサイエンティストを目指すブログ

今後の可能性

データサイエンティストとして具体的に目指す所はまだ模索中なのだが、 今後のシナリオとして、 転職するかどうか?、データサイエンティストと働くかどうか? の2軸、4通りで現在の考えをまとめてみた。

シナリオ1:【転職】【データサイエンティスト】

主に独学でスキルを磨き、データサイエンティストとして転職する。
実務経験が無いので、客観的に実力を証明できるkaggleなどのコンペティションで実績を積み重ねる or(and) 第三者が使用・評価できるアウトプット(webサービス、アプリ等)を出す必要がありそう。

データサイエンティスト関連の求人情報を見てみると、未経験でも可という会社はなくも無いが、給料もそれなり(第2新卒程度)であった。年収の幅を提示している会社でもその上限が、今の年収より低かったりというのが多々ある。

金融業界の年収は他業界に比べると悪くないのでジレンマに陥りそう。 自分のやりたいことのために年収を下げるって思った以上に勇気が要る。 しかも、既婚なので、1人だけでは決めにくいという。

理想は、現在の年収以上で転職できることだが、実務経験がないといつになることやら。 この問題は、深く考えるとドツボにはまってしまいそうなので、また後で考えることにしよう。

シナリオ2:【転職】【Notデータサイエンティスト】

未経験の業界に比べて同業界or隣接業界だと比較的転職がしやすいと思うので、 既にデータサイエンティストがいるような会社に転職して、その会社でデータサイエンティストになる。

遠回りになるような気もするので、あまり現実的でないか。

シナリオ3:【Not転職】【データサイエンティスト】

転職せず今の会社でデータサイエンティストとして働く。 調べた所、データサイエンティストがいる部署はなさそうだったが、会社の方針としてはそういう領域にも興味があるようなことを言っている(気がする)。なので、そのような部署が新設される可能性はある。

会社の言うことはコロコロ変わるし、いつそうなるかもわからないので、過度な期待は禁物だが、リスクが低い選択肢なので、想定しておくのは悪くない。実際にそのような話が現実的になったときに、関われるように力を蓄えておく。

シナリオ4:【Not転職】【Notデータサイエンティスト】

現状の通り。一旦他のシナリオを経験後、結果的にここに落ち着くのであればそれも悪くないのかなと思っている。 仕事としてはしないけど、趣味としてデータサイエンスをすることになる。

とりあえず、2017年12月時点の予測としては以下の通り。未経験者なので先を急がず、今年はスキルを付けるのに専念するのが良さそうである。

  • シナリオ1: 3%
  • シナリオ2: 1%
  • シナリオ3: 6%
  • シナリオ4:90%